その他」カテゴリーアーカイブ

手軽でお得な引っ越し単身パックが人気のようです

最近、テレビやネットなどの広告でよく見かけるのが引っ越し単身パックです。
単身パックは一人暮らしの単身者向けの引っ越しプランであることはわかりますが、プランの内容はどういったものなのか気になりますよね。
そこで、今回は今人気の引っ越し単身パックについて、ちょっとだけご紹介したいと思います。
引っ越し単身パックは、簡単に言うと、車輪のついたボックス(カート)に家具や家電など引っ越し荷物を全部まとめて配送するプランです。
カート1個に梱包するので、配送もトラックのチャーターが不要で、普通の宅急便と同じように相乗りのトラックで配送されます。
トラックを貸切しないで配送できるため、料金もかなり安く抑えることができることが最大のメリットとなっているようです。
もちろん作業員が付くので、搬出・搬入も心配いりません。
一人暮らしはもちろん、荷物が少ないカップルにも引っ越し単身パックはおすすめのプランです。
ネットでも引っ越し単身パックの業者別の特徴比較をしている情報サイトがあるようなので、ぜひ単身パックを検討中の方は参考にしてみてくださいね。

自分で行う際の引っ越し費用

状況によっては引っ越し業者へ依頼をしないで、自分で引っ越しをすることもできるかもしれません。
たとえば友人が多い場合などは、こうした友人に引っ越しの手伝いをお願いすることも可能です。
もちろん、年齢的に若いという制約はありますが、こうした友人がいるのであれば、引っ越しの費用を節約するために、友人に頼っての引っ越しも良いでしょう。

では、個人で引っ越しをする場合の費用はどれくらいになるのでしょうか?
引っ越し業者を利用する時と、どちらの方が安くなるのでしょうか?
少し検証してみましょう。
個人で引っ越しを計画する時に、一番大きな負担になるのは、レンタカー代でしょう。
仮に荷物が多い場合であれば2Tトラックを借りることになり、当日返却であっても、1万円以上はします。
2日間借りることになると、その倍くらいは必要になります。

加えて友人とはいえ、引っ越し作業を手伝ってくれた人への感謝も必要になります。
食事くらいはごちそうしたほうが良いので、その費用として1万円以上は必要になるかもしれません。
つまり個人で引っ越しをしても費用として3万円以上はかかるということです。

引っ越しを単身赴任でも安く済ませる

一人で家を変わる場合でも、引っ越し費用はバカにならないので、単身赴任が決まった時に節約の方法を調べました。
というのも、引っ越しが単身赴任となっているのに、会社が引っ越し費用を全部出してくれないからです。
どうせなら単身赴任する時に会社が負担してくれる金額に抑えられたらなと思っています。
ということで、契約・見積もりは全て自分でする事になりました。
上司からも出来るだけ安く済ませろとの命令です。
それだったら契約先を見つけてくれよと思うのですが、文句を言っても仕方ありません。
絶対に安く抑えて、引っ越しで単身赴任をする所までの費用を節約します。
自己負担の部分は出来るだけ抑えたいです。
年収・月収ともにあまり良くないですし、家庭を持っているので何かとお金がかかります。
妻も協力してくれていて、色々と引越し費用の節約術を調べています。
まず一括見積もりのサイトで、沢山の業者からネット上で見積もり額を確認。
見積もりに来てもらう業者を選びます。
そして各業者を比較、値引き交渉をすれば、数万円も安くなるみたいです。
これで自己負担はかなり減らせそうなので、試してみようと思います。

引っ越しの挨拶、マンションの場合は?

隣に住んでる人の顔とか、あんまり覚えてないなぁ…どんな人だっけ?
という経験はありませんか?
特にマンションに住んでいる人の中には、面倒な近所付き合いをしなくて良いからという理由でマンションを選んだという人もいるのではないでしょうか。
それだけ近所付き合いが無くなっている今ですが、引っ越しの挨拶となると話は別です。
近所付き合いが無いといっても、引っ越しの挨拶は必ずしなければならないですよね。
マンションの場合だと、両隣りだけではなく、真上の部屋と真下の部屋の住人にも引っ越しの挨拶をするというのが常識とされています。
引っ越しの挨拶と同時に、その時に持参する挨拶の品も用意したりと引っ越しはやることが多いですよね。
やることが多い引っ越しだからこそ、引っ越し業者決めはさっさとしたいと思いますよね。
そんな時にオススメなのが、ネットで複数の業者の料金やサービスを比較して引っ越しの予約をするという、ネット予約サービスのあるHOME’S引越しを利用することです。
HOME’S引越しは一括見積もりサイトですが、一括見積もりだと1社1社見積もりを比較しなければならないので時間がかかってしまいますが、ネット予約サービスを利用すれば時間もかからずパパッと引っ越し業者を決める事が出来ますよ!
業者決めには時間をかけず他の事に時間を使いたいなら、HOME’S引越しを利用してみて下さいね!

引っ越しが急ぎでも安く出来る!即決はNG

新居に移ることになったのですが、全く引っ越しの準備をしていないので急ぎで契約先の業者を探していました。
安易に即決で、しかも電話で依頼する事を考えていのですが、その前に「引っ越し急ぎ」で検索してみました。
やはり即決で一社だけに決めるのは引っ越しが急ぎでもNGで、安く出来る方法も紹介されていました。
引っ越しが急ぎで、すぐに業者を探している場合でも、すぐに安いところを見つける方法は、ネットの一括見積もりサイトを使うことでした。
この一括見積もりサイトは非常に便利で、各社から多くの見積もり金額をネットで表示してくれます。
そこから相見積もりをしたら、すごく安くなりました。
会社の事情で引っ越しが急ぎだったのですが、費用は一部負担となっていたので、かなり助かりましたね。
負担どころか少し浮いたので、頂きました。
引っ越しが急ぎなら、営業は足元見てきて、高い金額を提示してくるそうです。
この高額見積もりを回避するのが、複数見積もり・相見積もりです。
一括見積もりサイトはその点ではかなり優れているので、急いでいる人にもおすすめ出来ます。

引越しが単身の場合に使える節約方法

引っ越す時に業者に依頼する荷物移動ですが、引越しが単身の場合でも、時期や見積もりの方法を間違えば、高い料金を支払う事になります。
引越しが単身でも、行なう節約術は同様に行なって下さい。
それは複数業者から見積もりを取る事です。
インターネットで引越し料金を調べれば、一括見積もりサイトで単身の料金を各社から表示してもらいましょう。
ネット上の料金ですが、業者選びの参考になります。
そして、引越しが単身でたくさんの業者から料金が表示されるので、どれくらい費用が必要なのか相場が分かります。
複数見積もりをネットですることによって、時間を節約する事も可能です。
また、引越しの時に使える単身パックも利用すると、更に安くなります。
荷物量が少ないなら、かなり安く見積もりが出来ます。
引越しの単身パックは固定料金プランと見積もりのプランがあります。
おすすめは値下げが出来る見積もりプランです。
そして引越しが単身でも複数見積もりを依頼して、訪問してもらった時に値下げを狙いましょう。
訪問して提示してもらった金額が、前に来た業者よりも高ければ伝えることで、値下げが可能となります。

大手引っ越し業者比較するならどこが一番?

引っ越し業者もたくさんありますが、信頼・安心感を第一に考えるとやっぱり大手の引っ越し業者に勝るものはないと思います。
2月に引っ越しをする予定で今から少しずつ準備をしようと思ってますが、引っ越し業者をどこにするかは結構悩みそうです。
値段を考えれば中小の引っ越し業者の方が安いのかもしれませんが、どうもマイナーな引っ越し業者は心配になってしまいます。
親も「名前の知れてる業者の方がいいんじゃない?」というので、とりあえず大手引っ越し業者をいくつかピックアップしてみて比較してみようかと思います。
ネットではサカイ引越センターが人気のようで、その他アートもアークも日通もどれも同じくらいの人気があるようです。
ただ、引っ越し業者比較も結局は荷物の量や距離・エリアで料金も使えるプランもそれぞれなので同じようなプラン・条件で比較しないと意味なさそうですね。
引っ越し業者の見積もりシミュレーションサイトもあるのでこれから使ってみようかと思いますが、あんまりたくさんの業者から連絡があってもちょっと面倒な気もします。
とりあえず電話で簡単に見積もり金額を聞いた方がいいのかもしれないですね。

サカイ引越センターはよくやってくれました!

建売ですがマイホーム購入をして、ついこの間引越しが完了しました!
引越し業者もいろいろ見て比べて、結局はサカイ引越センターに決めたわけですが、サカイは本当によかったです。
私は引越し業者のよくいる若者スタッフの身だしなみ(ファッション?)がちょっと苦手なので、に金髪やピアスを付けてくるようなスタッフがいないサカイ引越センターはかなりポイントが高かったです。
見積もりの際にはCMでよくやっている「お米」もいただけて、ティッシュペーパーとかのプレゼントに比べるとかなりいいですよね。
当日もテキパキと作業をしてくれて、狭い道幅で心配でしたが色々機転を利かせてやってくれました。
私はただ見ているだけで「ワースゴイ」「へぇ~」と言う感じでスタッフさんの作業に見惚れていました。
最後もキレイにして終えてくれて、サカイ引越センターにして本当によかったです。
ただ、最後に忘れ物をされてすぐにスタッフさんが取りに帰ってきたのはちょっと笑えました。
パンダのマークのトラックをみると、「テキパキやってるんだろうなぁ」としばらく思ってしまいそうです。
回し者ではありませんが、次もサカイにしたいと思います。

引っ越し業者を決めました!

私は、旦那の両親と同居していました。
結婚当初から、同居が嫌で嫌で、ストレスばかり溜まっていました。
旦那は三男なのに、兄弟が誰も結婚していないから、私が同居する羽目になっていたんです。
旦那の兄弟とはいえ、独身男性との同居はありえないですよね。
しかし、遂に私の願いが叶い、同居解消出来ることになりました。
旦那がやっと私の気持ちを分かってくれたんです。
長い3年間でした。
私は、嬉しくて早速、荷造りをしています。
アパートもなるべく、自分の実家に近い場所に借りました(笑)
引っ越し業者にも、見積もりを頼みましたよ。
4社に見積もりをお願いしたのですが、料金にバラツキがありました。
6万の差があってびっくりしました。
出来るだけ安く、引っ越しを済ませたいと思っていますが、本音をいうと早く引っ越したいです。
プレゼントが欲しいからと、旦那を丸め込み、1番早く来てくれる引っ越し業者に決めてしまいました!
もぅ本当に、早く引っ越したいんですよね。
でも、あと少しと考えると、頑張れそうです。
荷造りをして、楽しいことを考えたいと思います。

引っ越し業者の選び方

友人が付き合って2年の彼氏と同棲を始めるので、千葉から東京に引っ越しすることになりました。
私の主人が業者用の大きな車を持っているので、お金もかかるし、車に積める量なら手伝うよ。と話していました。
結局、友人の彼氏の分もあるので、二人でまとめて業者に頼むことにしました。
「引っ越し業者も沢山あって、何処がいいのか分からないよね。とりあえず見積もりを出して貰おう!」とA社に見積もりを出して貰ったら3万円でした。
その見積もりを持って今度はB社に行って見積もりをだしたら、1万円も安くしてくれたそうです!
1度で決めずによかったと思います。
見積もりを比べて、1万円も安くなるなんて思いませんでした。
私も比べればよかったなー。
ただ、料金だけで選んでしまうと、サービスが悪かったり、接客態度が悪かったり、色々とトラブルがあります。
私のマンションも、新しく引っ越してきた人の業者が、建物のドアに傷をつけたり、トラックを止めてはいけない所に停めたり、住人とトラブルになっていました。
新しく住む家の隣人とはいいお付き合いをしたいものです。
業者を選ぶ際には、価格以外に、周りの評判や口コミが参考になりますね。